人気の高い美容外科の施術

女性の目元

施術の種類と費用

大きな目は男女問わず魅力的ですよね。今回は自分の目にどんなコンプレックスがあるのか、お悩みごとの整形の施術内容をお話していきますので、参考にしてみて下さい。気になる費用の相場についても触れていきます。まずは、まぶたが腫れぼったく厚みがあるという悩みからです。このような症状の人はアイプチをしても、すぐにとれてしまうことが多いでしょう。この場合、糸で留めるだけの埋没法だと元の目に戻ってしまうことがあるようです。よって切開法というやり方を医師に勧められることが多いです。切開法は、希望するラインに沿ってまぶたを切開して、余分な脂肪を取り除いて二重を作ります。費用の相場は、28万円前後のようです。アジア系の人種には蒙古ひだというものがあります。これが強く張っていると、目がきつく見えてしまうのです。きつく見えない平行型の目を手に入れたい人は、目頭切開が向いています。目頭から上まぶたに被る皮膚を切開することで、目の横幅が広がったり、黒目が大きく見えたりして、よりぱっちりとした目。費用は片目で10万円ほどのようです。このように目の症状やお悩みによって施術内容は変わってきます。医師としっかり相談して、二重整形の方法を決めていきましょう。

目を二重にする整形には大きく分けて2通りの方法があります。具体的にどのように違うのか、それぞれ説明していきます。まずは、埋没法からです。埋没法はまぶたを医療用の特殊な糸で留めて、二重を作る方法になります。メスを使わないので、比較的手軽にできるのがメリットです。プチ整形とも言われていますね。手術時間は両目を合わせても10分〜20分くらいと短く、手術した当日からシャワーも使えます。メスを使わずにとにかく手軽に二重整形をしたい人や、腫れを最小限に抑えたい人に向いている方法と言えるでしょう。費用は10万円前後と安くできるので、経済的にあまりお金をかけられない人にも好まれます。もう一つの切開法という方法は、二重にしたいラインに沿ってメスを入れて、二重を作る方法です。メスを入れるので、術後の傷跡の経過は長いですが、まぶたの余分な脂肪を除去できたり、皮膚のたるみを取り除けるといったメリットがあります。また、半永久的に効果が続くことも人気の理由の1つです。費用は埋没法よりやや高く、20万〜30万円くらいになります。どちらの方法にせよ、まずはクリニックでカウンセリングをしっかり受け、医師と話し合って決めましょう。

Copyright© 2019 美容クリニックを利用する際のリスクと自分の欲している結果を把握する All Rights Reserved.